終末のイゼッタ 第8話 ネタバレあらすじ講評覚書

終末のイゼッタ
 8話ネタバレあらすじ講評覚書

エイルシュタットの旧王城
魔女の秘密が眠る城にて、

敵の工作員が潜入、
 工作員はそこにあった魔女の秘密を知るとともに、
 キーアイテムの発見と取得をしました。
エイルシュタット人の領地であってその管理下にある旧王城ですが、
当の彼らにはそのキーアイテムは発見できていなかったのです。
それが、まさか、潜入してきた敵国のスパイに取得されてしまうとは、

しかも更に、エイルシュタットの人達はキーアイテムがあった事さえ知らないまま。。。

 なんという事でしょう、、、。
こういう構造に因果なものを感じるのですが。
きっと感じるだけ無駄なんですよね。
まぁ作品というのは見た人の物だって言う事しかないですよね。
 だが、しかし、
あることさえ気づいていないんだから、灯台下暗しとさえも言えない状況、
 なんなんだろう、何故そんな事に引っかかるのか、
自分のことを自分はよく知らないけど、
他人からは自分の見えない所が見えるというメタファーなのか?
それは 絶対に違うと思うが、気になったので、ここにメモしておきます。

 お話し的には
魔女の秘密が敵国に知られたという事。
敵対している国同士の男と女が出会っての悲恋、
劇中で語られる魔女の伝説を被せて悲劇を演出して見せた。

でもロマンチックだけど、薄い、、、。
 主軸と合わせて20分で語るには限界だよね。
 そう考えると、手際よく出来てるって事は作り手の熟練度が高いって事なのか

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.1(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(エイルシュタット国債&1巻購入者イベントチケット優先申込券&全巻購入者イベント優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.2(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.3(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.4(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.5(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.6(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

広告を非表示にする