読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末のイゼッタ#09 ネタバレ

このパターンあんまり自分の好みではないというか、 自分としてはちょっと残念だったという感じの事。

終末のイゼッタは、大まかにいえば、 第二次世界大戦をモチーフにした世界情勢のなかで 劣勢で孤立していて敗北寸前の小国が、 「魔女」という世界で特別な存在を迎え入れて生存への希望を得て戦って行くというお話だと思います。

世界で最後の一人の魔女という、特別な大きな力を持っているが、しかし完全ではない。 そんな唯一無二の力がどんな風に振舞われるのか。 それが周囲とどう作用して、世界がどう変わっていくのか。 自分はそんな所にカタルシス、面白みを感じていると思います。

魔女の力は完全無欠ではないから彼我の戦力差は埋まらないんだけど、 知恵と勇気を使って埋めていく。

 そして、物語には転機が訪れる。 目的の達成や、新たな目的の設定によって、当初方向づけられたストーリーの流れが変わる、 視聴者の予想や期待を裏切って、それを上回ろうとする。

 その方法が自分の好みではなかったので一人で勝手に落胆とまではいわないけどちょっと残念だった。 新たに別な魔女が敵として立ちはだかってきました。 新しい魔女のゾフィーさんが登場したことによって、 魔女が唯一無二の特別な存在ではなくなりました。

そして、当然ながら魔女と魔女が戦うという事になります。

この展開でお話が狭くなった気がしました。

ゾフィーの私怨がフォーカスされて、個人の戦いという色味になってきたと感じている。

魔女のゾフィーさんというのは、裏切られ虐げられたという過去を持っていて、 それとイゼッタに対するアンチテーゼなのである。 (関係ないけど:クローン元となった個体の記憶を持っているというのは、この作品のリアリティとしては易々とは納得できないかな。そうはいっても悪いとも思わないけど。最後まで見るし。)

 何が不満なのかというと、 唯一無二の魔女と知恵と勇気で成立した状況が、周囲をどう巻き込んで、世界がどう変遷していくのか期待感があった。 帝国の側も魔女とどう戦うのかを考えなければならないわけだし。

これは同質の力のぶつかり合いであり、魔女対決は避けられないじゃん。 キャラクターに依存するというか、、、力のインフレというか、

 これと似たような構造で思いつくのは「ガンダム00」です。 太陽炉といった特別な技術でもって圧倒的に優位な立場から世界をコントロールしようとした組織があって、 その圧倒的な武力を提示して世界に理想を宣言したデビュー戦から、 次第に追い詰められていく状況になる。という流れ。 そして、追い詰められる決定的な要因が、拡散した同系統の技術である疑似太陽炉によるものだった。 その時に今と同じ落胆を味わった。

 この辺、自分がどうして残念に思うのか、 そのストーリーの展開方法に工夫が感じられないというのはある。 (ただ、これが的確な理由なのかはまだわからない。)

 自分が何を期待していたのか。 ガンダム00の登場人物たちは、そういう太陽炉がない所で戦おうとしていたわけで、 自分たちで解答を掴んでほしかったという気はする。 横から流れてきた技術っていうのはなんか、神の采配って感じですよデウスエクスマキナ感があります。 踊らされている感を受けました。 疑似太陽炉がどこからともなくポンと出てきて、 それはフィクションだから全然あって当然の事なのは問題ではない。

ストーリーの展開の都合に合わせて都合のいい設定と展開がされていくのは問題ない、問題はその中身だ。 それは、語りたいテーマが私の期待とは違っただけなので、 単純に自分の好みじゃなかっただけなんですけども。

ガンダム00でいえば、自分たちが持てる力でガンダムと戦うためにどうするか、これが前半展開されていたのでそこは楽しかった。その延長で突破した物が見たかった。 またソレスタルビーイングの理想もどう実現されるのか、実現した後どうなるのかという風に見たかった。 結局、同質の力が双方に与えられて、よくあるガチンコの戦争になってしまった。 自分にとってはその作品のとんがってると思ってた部分が丸くなった。 (自分で自分の、この考えに お客さんはわがままだなとおもった。)

敢えて例えて言ってみれば、太陽炉を持たないままガンダムを打ち倒す。 それか、ガンダムの活動の影響で別な問題が表れてくるかとか ソレスタルビーイングという遺物を抱えたままの世界の行く末が見たかった。

 それと似たような事をイゼッタという作品に期待していた。 イゼッタを帝国が打ち倒すとかそういう事ではなく。 魔女という異物を抱えた世界の行く末のような事を。

PS 終末のイゼッタでは、 それまでに弱点を見つけたぞという将官の話とか、 魔女に因縁のある飛行機乗りとか、 そういうエピソードが、当然ながら繋がってはいるんだけど、なんかしっくりこなかった。

終末のイゼッタ 第8話 ネタバレあらすじ講評覚書

終末のイゼッタ
 8話ネタバレあらすじ講評覚書

エイルシュタットの旧王城
魔女の秘密が眠る城にて、

敵の工作員が潜入、
 工作員はそこにあった魔女の秘密を知るとともに、
 キーアイテムの発見と取得をしました。
エイルシュタット人の領地であってその管理下にある旧王城ですが、
当の彼らにはそのキーアイテムは発見できていなかったのです。
それが、まさか、潜入してきた敵国のスパイに取得されてしまうとは、

しかも更に、エイルシュタットの人達はキーアイテムがあった事さえ知らないまま。。。

 なんという事でしょう、、、。
こういう構造に因果なものを感じるのですが。
きっと感じるだけ無駄なんですよね。
まぁ作品というのは見た人の物だって言う事しかないですよね。
 だが、しかし、
あることさえ気づいていないんだから、灯台下暗しとさえも言えない状況、
 なんなんだろう、何故そんな事に引っかかるのか、
自分のことを自分はよく知らないけど、
他人からは自分の見えない所が見えるというメタファーなのか?
それは 絶対に違うと思うが、気になったので、ここにメモしておきます。

 お話し的には
魔女の秘密が敵国に知られたという事。
敵対している国同士の男と女が出会っての悲恋、
劇中で語られる魔女の伝説を被せて悲劇を演出して見せた。

でもロマンチックだけど、薄い、、、。
 主軸と合わせて20分で語るには限界だよね。
 そう考えると、手際よく出来てるって事は作り手の熟練度が高いって事なのか

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.1(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(エイルシュタット国債&1巻購入者イベントチケット優先申込券&全巻購入者イベント優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.2(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.3(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.4(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.5(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

【Amazon.co.jp限定】終末のイゼッタ Vol.6(全巻購入特典:オリジナル歴史解説本引換シリアルコード付)(全巻購入者イベントチケット優先申込券付) [Blu-ray]

2つのマシン間でファイル共有。by windows10とwindows7でちょっと詰まったこと。

新しいマシンを取得しました。

折角なのでLANに繋げてファイルの移動などもすることにしました。

既存のマシンはwindows7と、新しいマシンはwindows10

グーグル先生に聞きながら、Windowsのネットワークの設定を淡々と編集するだけだろうから、サクッとやってしまおうと...。

サクッと進めてサクッと終わらせて遊ぼうと、ワクワクしながら思ってしまうわけです。

はい、今日のポイントは2つのOSの違いでした。

まず共通で
・ネットワーク上の他のマシンからの探索を有効にする。
という設定が必要です。

そのために 「ネットワークと共有センター」の画面を開きます。

 windows7では
それぞれのネットワークを表示している箇所をクリックすると、
・ホーム ネットワーク
・パブリック ネットワーク
などと出てくるので、これを選択して変更できるわけです。
なので、ホームネット ワークに切り替えて、ホームグループに繋げられるようになります。

 windows10でも大して変わらない項目が並んでいるわけですから、 ほぼほぼ同様の設定ができるだろうと見込めるわけですね、、、
「ネットワークと共有センター」を開くと表示されている、
「アクティブなネットワークの表示」から、現在利用しているネットワークを見ると、
 「パブリックネットワーク」になっていました。

下図に表示されているように「ホームグループを作成するか、ホームグループに参加する」必要があって。
そのためには「コンピューターのネットワークの場所がプライベートに設定されている必要があります」とのこと
ネットワークに繋げるという事は、
一つのマシンがホームグループを作成して、他のマシンがそのホームグループに参加する事で実現するようです。
f:id:joint1:20161122014626p:plain

とりあえずクリックすると画面横側からダイアログが出てきます。
ここで「はい」を選択すれば問題は解決です。
f:id:joint1:20161122015034p:plain

 ここが問題でした。
私はここに書かれている内容で引っかかったわけです。
「この機能は、~中略~ パブリック ネットワークではオフにすることをお勧めします」
「お勧め」という風に書いてあるので、
これについては、自分で別途オフに切り替えなければならないのかと理解したわけです。

 ・ネットワークから検出可能にする事、  ・ネットワークの種類を変更する事

なので、windows7の場合と同じように、 現在のネットワークを、ホーム ネットワークに切り替えてから改めてこの設定を変更することにしました。 そう思いました。 私はそう思われる人がいても不思議ではないと思うんですが、皆さんはどうでしょうか。

結論から申しますと
windows10の方では、windows7のようにホームネットワーク、パブリックネットワーク
などを変更するオプション項目はないんですね! ! ただ、単に「このPCを検出可能にするかしないか」のオン/オフを切り替えるだけで、 自動的にプライベート ネットワークと、パブリック ネットワークを切り替えてくれるようになっていました。

具体的に「プライベートネットワーク」に変更する手順については、
 [設定]->[ネットワークとインターネット]->[イーサネット]->[使用しているネットワーク]
このように辿っていくと下図の画面が出てきます。
ここにあるスイッチを切り替えるだけです! f:id:joint1:20161122020248p:plain

メモ 2016年11月21日

先日新しいマシンを購入。

通販のBLT:Sevenというお店 マザボなどのメーカが選べる点などが良かった。 でもグラボのメーカーは選べなかったけど、まぁそこまで拘りがあれば自分でパーツ買うよね。 お値段も他と比べてもそこそこ。

それで、届いたマシンにとりあえず必要なアップデートと、インストールして半日くらい。 結構ダウンロードとインストール時間かかるのは悩みだな...。

で新しいマシンにAdobeCS5をインストールしてアップデートをかけたら ダウンロード失敗しましたなどというエラーが出たのでググりました。 以下のブログを見て解決をみた。 個別にアップデートファイルダウンロードして適用というのは面倒なんだけど。 Adobe CS5 のアップデートエラー - 小豆チップス

暇でよかった。。。かな。

だめだなぁ。。。

ゲームも入れてみたよ

FEZ :ずっとやってたんだよね~

タイタンフォール トライアル版 :友達が楽しそうに話すから。とりあえずお試しで。

タイタンフォール2 デラックス :タイタンフォールのトライアル版、面白かったし、評判も良かったから。セール中に思い切って買い!

フィギュアヘッズ :なんか、タイタンフォールやった後だといまいちな感じしちゃったかも、 好みの問題なー。嫌いじゃないよ。

なんか戦ってばっかり、もっとジャンルをやりたいですね。 もっともゲームやる時間よりアニメなど見る時間を取るつもりなのだけど。。。

ゼノギアスの動画を見ていました。

主に終盤で ビリーの親父さんが人間弾頭になるところで、信仰の話とビリーを肯定してあげたり。 フェイの人格が統合する所。 波動存在との接触で事のあらましが解る所。 など  見直して当時わからなかった事も解って有意義だった。 ゼノギアスは人とは何かといった大仰なテーマが語られていて 人間の物語をやってて凄いなって改めて思った。

この惑星で人の歴史が始まった時まで遡って語られてるんだよスケールもテーマも壮大だよ。よくまとめたものだよ。

フェイ、エリィ、シタン先生、懐かしいかった(´∀`)

そうなんだよなぁ、だからゼノサーガゼノブレイドもやりたいけど、  社会人の時間ってつらたん...... ゲームに没頭していい時間なんて、なくはないけどさー、 。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

アフタヌーン2016/10

メモっておこうかなと思ってあげておく。

げんしけん二代目」 終わったのか、 いろいろあったな、毎回いろいろやってくれたな、 二代目の中でも咲ちゃんの妊娠で一番のショックを受けている斑目っぷりが斑目先輩だったなー。 ・・・。

「波よ聞いてくれ」 逮捕・・・ 誤認逮捕!!! ラジオで謝罪をする哀れなミナレ。 ウケるんだけど〜。ホワイト寄りのグレーまさかブラックでしょw

「ソフトメタルヴァンパイア」 連載開始 遠藤浩輝 「EDEN」を読んだことがある。他にも何か読んでいそうな気はする。 ヴァンパイアの吸血方法がハイセンスだった。ヒルか!?きもいと言うかエイリアンスタイルの吸血。 内容は、元素同士の戦いだ!どの元素が一番科学的に優れているかだ! 吸血鬼はそれぞれに元素を割り当てられているぞ! 戦って生き残ったやつが一番優秀な強い元素だ! 生き残ったら主人公の女の子とセックスしちゃうみたいだぞ! いいのかそれで!?

「聖域コンシェルジュ」 前号から連載してるこれ、絵とか好みじゃないけど好きな漫画なんだね。 ミルフィのデフォルメがカワイイと評判らしいです。わかりません 主人公の十代男子の恥ずかしい価値観とミルフィのお節介を楽しむ漫画。

「フラジャイル」 経営改革の窪田さん、岸先生に突っぱねられる。 吹奏楽の方も

「あさはかな夢みし」 経験者がドヤ顔して、おかしくなった男が百夜通いして理性を取り戻す話。いつも通りいい感じに腐ってる。 今昔物語から平定文が紹介されました。

映画:ジョニー・マッド・ドッグ

ジョニー・マッド・ドッグ

アフリカの戦争と少年兵の話。 昔TVで紹介されてたのを覚えてて、結構覚悟して見ました。 なぜならば、少年兵の役を元々少年兵だった少年らが演じているという事を紹介していたからです。 映画の中では人が酷い殺され方をされたりする。少年らが殺して奪うという事をやっている。 そういうものを直視できるものだろうかと思ったから。

見てみると、エグいとかそういう感じではなかった、 映画として、ただ現実を描写しているように見える。 少年らの生き様があって仲間と突っ張って現実戦ってる青春めいた様相を感じてしまった。 親を殺させたりするような現実があって、そんな現実は御免被るのだけど。

死んだメンバーに少年が歌を捧げている、下品にも取れる歌詞だけど内容は死んだ夫が嫁を愛している感じの歌だったりする。 食うために奪った豚を殺させたくなくなった少年とか。 火を囲んで歌い踊るシーン、アフリカのイメージは多分その通りなんだろう。 チームのリーダーの少年と、戦闘や賊軍から逃げる少女の奇妙な出会いがある。 そこに感情移入させられただろうか、最後まで見てもいい話ではないが少年らしさが見て取れました。 その表情と視線には打たれます。

確かに世界にはこの映画にある酷い現実があって でもこの映画にあるのは、そこで生きている人間の物語であって、 世界の中のとある状況の凄惨さを嘆くような映画でもなくて。 ただ純粋な初年たちを描いたいい映画なのかもしれないなって思いました。

これが現実と言えるかどうか分からないが見て知って、少しは現実に近づくんじゃないかなと思う。

1幕 村を襲撃して殺して奪っている。 反政府軍らしい。 銃をもって脅している少年も多くいる。

2幕 殺して奪っていくようなのが日常で、 映画として見て、彼らに一体どんな葛藤があるんだって考える。 ただ大人に使われながら、奪いながら生きてくために戦ってる。 そういう現実を見せられているだけなのではないかと思ったりもした。

3幕 停戦 命令してた大人が反政府から政府側に宗旨替えをしている。 大人の言ってることが真逆になる、それからどう生きていくのか?

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 特番〜6話まで一気見しました。

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

台湾で布袋劇と呼ばれている人形劇で、これを映像化した作品。
特撮と、CG合成などされて派手です。
幼少の砌に見ていた、三国志やひょうたん島のような人形劇とは違うアクションがあるところが素晴らしい。
それが日本の創作者らと共同で制作されました。

あらすじは、伝説の剣を守る為に悪党と決戦に行くという感じです。

閑話休題

6話では  殤不患(ショウフカン)が、妖魔の合理的な考え方に基づいて己自身の発言の矛盾を突かれているシーン好きです。
妖魔の刑亥(ケイガイ)によると、妖魔は究極の合理によって行動するという、
それに対して人間というものは非合理的で訳が分からんという感じだそうです。
まどマギで言う所のQB的なものですね)
物語は、刑亥の合理的な意見や考えを通して殤にぶつけることで、彼の内面に迫ったのかなと思います。
 殤が問題を抱えていることが浮き彫りにされたのではないかと。 (便宜的に問題という語を使いました。)
ここで結論は出ませんでしたが、いずれ明かされるでしょう。

なぜこんなシーンが好きなのかというと、 今まで考えていなかった主人公の問題を浮き彫りにして気づかせてくれると共に、
その妖魔刑亥が色っぽいからです。 以下

妖魔から、お前が何故ここにいるか全く理解できないから信頼できないと言われている。 妖魔は天刑劍の恐ろしさが何より一番であるから、利害の一致する敵と行動している。 その他のキャラクターも行動原理は特徴付けされているためわかりやすい。 ただ殤は登場当初から風来の身で、未だ過去や目的が明かされてはいない。 (最近、西から人の身で越えられるはずがないと言われる峠を越えてきた事が明かされている。だけ) それがこの妖魔との会話で浮き彫りになる。

殤は風来坊であって、巻き込まれて命を狙われる事になった、どうにも悪い奴等らしい、傘の義理もある。
人助けとそれに見合った敵を払う力がある。
なので普段であれば、そこはフィクションの都合として
納得しながら見てきているわけですけど、そこで問いが発せられた場合は別です! こういった事からキャラクタとしてリアリティが出てくるような気がします。

訳知り顔の凜雪鴉もそうです、謎を孕んでいて、腹に何か抱えているような人物。
ただし、この国のその筋では有名人らしい。
この殤不患と凜雪鴉はそれぞれ異なる謎を抱えていて、絡み合いそうな予感。
それぞれ
殤不患は自分の内側に問題を抱えている。
凜雪鴉は自分の外側に問題を抱えている。
さてそんな事があるのかないのかは、知らないけど。
先々の展開が楽しみで仕方ない。

PS.
刑亥は確かに色っぽいんですが、本命はやっぱり獵魅(リョウミ)ですとも。
紫のロングヘアで悪女、忠誠心もプライドも高くて自分の欲望に忠実で
まぁそういうことではないんですけど...

ところで、この布袋劇の映像作品についてなんですが、
つい10年くらい前に「聖石伝説」という作品が日本に上陸を果たしていました。
どこかで上映されたかもしれません。
 当時はNHKで放映されてた三国志やひょうたん島、
ポンキッキの中で放映されたものとかを知っている程度の状況で、
そんな先入観のある中でこの作品を見たんですけど、
激しい剣戟、戦闘シーン、爆発と砂塵、CGI合成なんかを見て感動しました。
それは、例えて言うなら勇者王ガオガイガーのプロテクトシェードを見た時のような、、、。
この台湾の人形劇が、現代的な大衆娯楽作品としてのポテンシャルを持っているという事を、
アジアの人形劇なんて古いもんだろうなどと思ってる人がもしいるのであれば
ぜひ一話だけでも見てほしいと思いました。(小並感